税金と教育費用の関係

習い事などの教育費用

税金と学校教育の関係

公立の小学校や中学校の場合には校舎の建設費の大部分が市の税金が使われていて、市にたいしては国から補助金が出ています。校舎だけでなく、教室にあるパソコン、実験器具、体育用具などの教育にも市のお金が使われ、市にたいしては国から補助金が出ています。教育だけでなく給食に掛かる費用も生徒から集める給食費だけでなく補助金が出ていて、合わせて学校給食が成り立っています。また、公立だけでなく私立の学校でも補助金という形がとられています。私立とはいえ、税金の補助がなければ存続することは難しいのです。普段納めている税金はこのようなことに使われているのですね。

教育費としてのお金の使い方

習い事、塾など教育にお金をかけようと思うと際限なくかかります。とても良い先生がいて、子供にあっているものであれば高くても無駄にはなりません。しかし、特別こだわりがない場合は、教育にかけるお金は節約することが十分可能です。例えばピアノですが、誰も知っているような大手のピアノ教室は料金が高い傾向があります。しかし、個人でやっているピアノ教室でも安くて良い先生がいる場所もあります。安い教室であれば、大手のピアノ教室の半額であることもあります。その他、サッカー教室やそろばん教室も料金は教室によって変わってきます。安く抑えたいのであれば、情報収集をし、出来るだけ安くて良い先生のいる教室を探すことが大切です。

↑PAGE TOP